「重ね色目」

鎧兜の紐の色目は、平安期の装束の「重ね色目」を反映・・・「雅」な「都よろい」






<威し色目>

平安以後、300種以上の威し方がございます。







「赤糸威大鎧」(並札平安期仕様)




本藍染「縹裾濃威大鎧」(並札平安期仕様)




「藤威大鎧」(並札平安期仕様)上賀茂神社ご奉納鎧




「白糸威大鎧」(並札平安期仕様)




「櫨匂威大鎧」(並札平安期仕様)




「赤地逆澤瀉威大鎧」(三つ目札仕様)




「白糸威大鎧」(本小札鎌倉期仕様)




「白糸褄取威大鎧」(本小札仕様)




「縹色糸威二枚胴鎧兜」(切付仕様)




「鎌倉赤漆塗朱威二枚胴鎧」(お誂え歌舞伎舞台仕様)




「黒本漆塗縹威二枚胴鎧」(御誂え舞台仕様)




「黒塗紫糸威二枚胴鎧兜」(お子様仕様)




「黒塗卯の花紫糸威腹当鎧」(七五三仕様)




「黒塗萌黄紺糸威胴丸鎧」(波板仕様)




「黒塗卯の花浅葱糸威腹巻鎧」(波板仕様)




「2020褄取威、飾大袖」額入り作品

飾大袖・・・射向板を額飾りに・・・いろいろな威し形が御座います。











歴史に学ぶ本格手法で、心のこもった作品作り





Copyright (c) 1995〜 USAGIJUKU, all rights reserved.不許複写.
 本ウェブサイト内の全ての情報は著作権により保護されています。